アルギニンの過剰摂取で副作用@子供に効果的に身長を伸ばす成長ホルモン量

 

一昔前は、身長を伸ばしたいならカルシウムを摂るといいと言われていましたが、最近では身長を伸ばしたいならアルギニンの摂取が重要と言われています。あまり馴染みのないないアルギニンですが、子供の成長に必要な成長ホルモンの分泌に必要な栄養素と言われています。しかし子供の身長を伸ばすのに必要不可欠なアルギニンは、過剰に摂取してしまうと副作用を引き起こしてしまうこともわかっています。アルギニンはどの食品に多く含まれて、どのくらい摂取すると過剰摂取になり、そして過剰摂取した場合どのような副作用が出てしまうのでしょうか。このページでは、アルギニンが多く含まれている食品と1日の適正量、過剰摂取した場合に起こりうる副作用について詳しく説明しています。ご参考にしてください。

 

【目次】
1:1日に摂取すべきアルギニンの適正量とは?
2:アルギニン過剰摂取でおこる副作用
3:アルギニン以外の栄養素も子供の身長を伸ばすのに必要!

 

>>足りないアルギニン量が計算されている!アスミールはコチラ!

 

1.1日に摂取すべきアルギニンの適正量とは

アルギニンが「子供の成長ホルモンの分泌を促す必要不可欠な栄養素」であることはお分りいただけたと思いますので、1日当たりの適正量をご紹介します。

 

1日当たりのアルギニンの適正量は成人は2gから9g、子供は4gです。

 

適正な量が分からないと毎日の食事に取り入れるのは不可能ですよね。
しかし、1日に4gと言われてもピンとこなかったり、アルギニンがむき出しで売ってる訳ではないので、どんな食品にアルギニンが含まれているのか、何を食べたら良いのか見当がつかないと思った方がほとんどだと思います。

 


そこで、具体的な食品と含まれるアルギニンの量をまとめてみました。
これらはアルギニンが多く含まれている代表的な食べ物です。

 

■食品100gに対してのアルギニンの量
大豆→2.7g
鰹節→4g
キハダマグロ→1.3g
卵黄→1.2g
高野豆腐→4g
納豆1パック→0.4g
車海老→2g
アーモンド→2.1g
鶏肉→1.5g
豚肉→1.3g
牛ひき肉→1.3g
うなぎ→1.1g
和牛→1.2g
ピーナッツ→3.2g
ゴマ→3g

「あら、子供のアルギニン必要量は4gなんだから高野豆腐を100g食べれば解決じゃない?」と思いませんでしたか?私もそう思ったのですが、家にある高野豆腐を確認したところ100gって1袋分でした。ほとんどのご家庭で1袋を調理して家族全員で分けて食べると思いますし、1袋だと多すぎるので2回に分けて使う家庭も珍しくありません。あの量を子供1人で毎日食べるのは酷です。もし1袋分の高野豆腐を食べろと言ったら、おそらく1日目で高野豆腐が嫌いになってしまうのではないでしょうか。高野豆腐の一般的な1人分の量は16gなので、大体0.64gのアルギニンしか摂取できません。このことから高野豆腐だけで1日分のアルギニンが摂取できるという夢は一瞬にして崩れ去ってしまいました。

 

「だったら卵1つと納豆1パック食べれば大体オッケーね!それなら毎朝食べさせてるから問題なし!」と思った方は、表をよく見てみましょう。大豆は100g中4gのアルギニンが含まれていますが、納豆は1パックあたり0.4gです。
卵黄は20gなので卵5つ分食べなければ1.2gのアルギニンにはなりません。
つまり、卵と納豆だけで1日のアルギニン必要量を全て摂取しようと思ったら「毎日卵10個と納豆4パック」の納豆卵ご飯にしなければ必要量がクリアできないのです。

 


さすがに毎日卵10個と納豆を4パック食べ続けたら、身長が伸びるよりもコレステロール値が高くなりすぎたり、納豆の食べ過ぎでホルモンバランスが崩れたりと、身長が伸びる前に他の悪影響が出てきそうですね。それに、それだけで食費がプラス200円から300円も増えるので、家計を守る立場としては避けたいものです。

 

そもそもこの量の納豆と卵に見合う量のご飯は軽く2合になりますので、毎日食べ続けると縦に伸びるよりも横に伸びるスピードが早くなり、大人になる前に生活習慣病などを引き起こしてしまうなんてことも考えられ、全く現実的ではありません。

 

アルギニンはこの表を見ていただけば分かると思いますが、比較的肉類で摂取するのが現実的で摂取しやすいと思います。
鶏もも肉1枚は大体250gなので1枚分を唐揚げにしたら全部食べちゃう、というお子さんの場合は唐揚げだけで1日に必要な摂取量のほとんど、3.75gを摂取できます。

 


あとは納豆1パック食べれば1日の必要量をクリアできます。唐揚げと納豆なら無理なく食べてもらうことができそうですね。折角なので子供が好きな食べ物に換算した量をまとめてみましょう。

 

ハンバーグ1個(牛ひき肉100g)→1.3g
唐揚げ1つ(鶏肉50g)→0.75g
とんかつ(1枚150g)→1.95g
納豆卵かけご飯(納豆1パック、卵1つ)→0.64g
マグロの握り1貫(マグロ15g)→0.2g


こうすると分りやすいですね。

 

ハンバーグ2つにトンカツ1枚で楽々クリアできます。ただし、毎日そんなご馳走を作っていたら家計には大打撃なので、安い豚こま肉や鶏胸肉を上手に使って効率よく摂取すると良いでしょう。

 

例えば鶏もも肉は1枚で3.75gのアルギニンが含まれているので、チキンステーキにすればペロリと食べることができます。これに目玉焼きをつければ1日分のアルギニン量はクリアです。

 

数字だけで見るとピンときませんが、具体的な食品で見ると思っていたよりも簡単ですよね。「鶏胸肉なんて美味しくないから食べてくれない・・」という場合は砂糖をまぶしてひと晩冷蔵庫に入れておくだけで柔らかくジューシーになりますよ。豚こま肉はミルフィーユ状にして、トンカツにすれば節約食材がメインのご馳走にレベルアップします。

 

ちょっとした工夫で、家計にも優しくアルギニンも美味しく摂取できるので、毎日の献立に困ったら是非採用してみてくださいね。

 

公式サイト
>>不足も過剰も心配なし!アスミールはコチラ!

 

 

2.アルギニン過剰摂取でおこる副作用


アルギニンが成長のために良いと言っても摂りすぎはよくありませんし、逆に毒になってしまいます。「過ぎたるは及ばざるの如し」と言いますよね。身長を伸ばすためとは言え、可愛い我が子を副作用の危険に晒すことは絶対避けたいものですし、親として絶対に避けないといけません。

 

アルギニンを過剰に摂取した場合の主な副作用は「胃が荒れる、腹痛、下痢」などです。また長期間過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

副作用と書くと恐ろしい感じがしますが要するに「お肉を食べすぎて、お腹下しちゃった」という状態ですね。

 

私も焼肉を1キロ近く食べるとお腹が痛くなることがあります。「え??胃腸の調子が悪くなる上に腎臓や肝臓もやられちゃうの?それはちょっと・・・」と思ったかもしれませんが、ご安心してください。

 

アルギニンの副作用が出ると言われているのは1日20g以上摂取した場合です。
先ほどご紹介した食べ物に換算してみると、

 

ハンバーグ15個
唐揚げ26個
トンカツ10枚
納豆卵かけご飯31杯
マグロの握り100貫

 

・・・これはジャイアント白田やギャル曽根ちゃん並みの大食いでなければ1日で食べることはほぼない量ですね。

 

ごく普通の家庭で、ごくごく普通の日常生活を送っている分には全く心配する必要のない量です。

 

そもそも、食事からであればアルギニンを少々摂りすぎても問題がないという説もありますので食事からの摂りすぎは、それほど神経質になる必要はないので安心してください。

 

 

ただし、アルギニンの含有量がかなり多い大人向けサプリを摂取している上にお子さんがお肉好き、という場合は気をつけなければなりません。特に成人男性向けのアルギニンサプリは1日の必要摂取量全てを含有している場合があるので、注意が必要です。

 

例えば5gのアルギニンが含まれているサプリを飲んだ上に、唐揚げを10個食べた場合、合計のアルギニン量は12.5gになってしまうので、人によっては副作用が起きる可能性もあります。また、アルギニンサプリのアルギニンは強いアルカリ性の場合が多く、そのアルカリ性によって胃腸が荒らされることもあり、個人差はありますが下痢や吐き気を引き起こすことがあるようです。そのアルカリ性を中和するためにはクエン酸を大量に飲まなければなりません。

 

しかし、酸っぱいクエン酸を飲むことは大人でも苦痛ですよね。アルギニンをサプリで摂取する場合は、中和済みのものであることと、含有量をしっかりとチェックして、アルギニンを大量摂取は避け体への悪影響を回避しましょう。
そして、お子さんに大人用のアルギニンサプリを飲ませるのは止めた方が賢明です。

 

「大食い競争でハンバーグ50個食べたよ!」
「フライドチキンを20個一気食いした!」などという桁外れた食欲のお子さんでなければ、何の問題もありません。

 

とはいっても、食べ盛りのお子さんが少し食べ過ぎたといっても、アルギニンを過剰摂取してしまうほど食べてしまうことは考えにくいので、大人向けのサプリを摂取している場合以外はそれほど神経質にならなくても副作用が起こることは考えにくいでしょう。

 

公式サイト
>>子供用栄養補助食品なら安心!アスミールはコチラ!

 

 

3.アルギニン以外の栄養素も子供の身長を伸ばすのに必要!


子供の身長を伸ばす為に成長ホルモンを促す栄養素としてアルギニンは大切な栄養素ですが、忘れてはいけないのは、それ以外にもカルシウムや亜鉛、ビタミン群などの栄養もアルギニンと共に摂取しないとアルギニンだけを摂っていても身長が伸びる手助けにはならないということです。重要なのはアルギニンと共にその他の必要な栄養素を継続して摂取することです。

 

しかし「アルギニンだけならなんとか頑張れそうだったけど、そんなにたくさんの栄養素を毎日計算して献立を考えるなんて無理!」と思いますよね。

 

管理栄養士の資格を持っているプロのお母さんならいざ知らず、ほとんどのお母さんはアルギニンの含有量をクリアするのに精一杯で他の栄養素まで全てカバーすることはなかなか難しいのではないでしょうか。
だからと言って子供の身長を伸ばすことを諦める必要はありません。

 

「アスミール」のような成長応援ドリンクを上手に取り入れればよいのです。

 

 

「アスミール」にはカルシウムやビタミン群が1日の必要量の80パーセントも配合されていますので、毎日の献立を難しく考えなくても大丈夫です。そしてアルギニンは含まれていますが、家庭の食事で摂取する分はしっかりと計算されて、開発されていますので摂り過ぎを気にする必要はありません。

 

そして子供が大好きなココア味なので美味しく飲み続けることができますし、牛乳に溶かして飲むので牛乳からもカルシウムなどの栄養素も摂ることができます。

 

親にとっても子供にとっても、重要なのは「無理なく継続すること」です。身長を伸ばすためには最低でも半年は継続しなければ結果はついてきません。

 

 

いくら完璧な栄養を摂っても1週間で挫折したら全く意味がないのです。また、完璧な食事を目指すことで、子供がストレスを感じるとホルモンバランスが崩れて、心身ともに悪影響を及ぼす可能性もあるので、ストレスなく続けられる方法を選ぶようにしましょう。

 

「子供のためにアルギニンもカルシウムもビタミンも完璧な量のご飯を毎日作る!」と張り切っても、毎日献立作りに時間がかかる上に、必死で考えた料理を残されたりしたら怒り心頭になると思うので肩の力を抜いて気楽に続けられることを重視しましょうね。

 

お母さんがニコニコ笑顔でいることが子供のストレスを大きく減少させるので、ストレスフリーな環境を整えるためにも、成長応援ドリンク「アスミール」の力を借り、お子さんの成長を応援しましょう。